FC2ブログ

とまらない適当な日記 Lv1.8

~人はヒーローになんてなれないんだろうなあ~

私は種族統一という沼にいかにして沈んでいったか

皆様初めまして。
女装おじさん系ポケモン実況者の灰屑輝と申します。


……我ながらもうちょっとマシな自己紹介できないんか……でもスピアーの人って称号は別の人のモノだから名乗れないし……


今回は
種族統一アドベントカレンダー2020
の企画に勝手ながらお邪魔させていただきました。
私は4日目の担当ということになるそうです。
突っ込んだ統一をしてる身ではありませんのであまり深い内容は書けませんが、
この老人の長ったらしいおしゃべりに少しばかりの時間、お付き合いください。
 
 
さあ、はじめるドン!





そう、あれは今から24年ほど前……    (圧倒的老人感)







当時誕生日に買ってもらったポケットモンスターを楽しくプレイしていた少年時代の俺は、あることをふと思いつく。

手持ちポケモンは6匹。
大好きなスピアー6匹で手持ちを埋めよう!






こうしてトキワの森に走り、ビードルとコクーンを乱獲し……













しばらくしたら力尽きて飽きて放り出した




・・・考えてみてほしい。

当時インターネットもない、友達と攻略本とコロコロコミックだけが頼りの時代。

ポケモンの育て方など技選びの方法くらいしか攻略本にも載っていない。

わざマシンは使い捨てで、ゲーム内で1つしか手に入らない物ばかり。

わざの説明も雑然としていてどのくらい強いのかもわからない(リフレクターやひかりのかべ、カウンターの仕様とか)

ぶっちゃけステータスの「とくしゅ」がなにをどう作用させてるのかすらよくわからん。
(今となっては考えられないかもしれないが、当時ぶつりわざととくしゅわざの明確な区分に言及してる攻略本が何冊も持っていた中に1冊もなかった)


そもそもとして、このスピアーというポケモン、おぼえられるわざが少なかった。

専用技のダブルニードルは安定感があったが、冷静に考えると威力25の2回攻撃はいあいぎりとどっこいである。タイプ一致なだけマシなのだが。
どくわざはなんかまともな技が当時なかったのでどくばりの毒率だけが頼りであった。
なぜかメガドレインのわざマシンは使えたので覚えさせてみた。
最終進化だけあっておぼえられ、わざマシンが複数入手でき手軽に使える、破壊光線だけが、最後の救いであった。
だいたいサブロムなんてものが存在しない(ゲームボーイとソフトと通信ケーブルを買い足すなど小学生にできるはずもなく)ため、すでにほとんどのわざマシンはストーリー攻略や別のポケモンの育成に使っており、使える物も多くは無いのだ。

こうなると、かたくなるやいとをはくを残してみたところで、6匹に6通りの技構成をさせることも困難であった。



そして初代ポケットモンスター、育成が今ほど楽ではなかった。
ちょっとずつしか入らない学習装置でちまちまと一人では戦えない幼虫やさなぎに経験値を配る作業。
こうまでしても、スピアーになっても、こいつらは弱いのだ。



そう、弱いのだ。


フーディンにゲンガーにスターミーにサンダーにフリーザーにミュウツーにただただただただ殺されるだけの存在なのだ。



育てても育てても誰もほめてくれず、ただただただただ通信ケーブルをつなげば倒されるだけなのだ。








こんな作業が続くわけもなく、少年はこの計画を投げだした。







それから10年ほどが経ち、少年も高校生になっていた。


もうポケモンは辞めていた。
勝てないのだ。
好きなポケモンたちをどれだけ育てても毎日毎日友達に負けるだけの日々。
たのしいわけがない。

金バージョンを最後にもうポケモンは買わなかった。

そのはずだった。


しかし、当時火災で家を引っ越すことになりしばらくネットが使えなくなってしまい大好きなMMOができなくて暇になっていた俺の周りでは、密かにポケモンが流行りだしていた。
そのグループは趣味ポケを育てながらも、当時ネットで少しずつ広まっていた努力値・種族値などを研究している奴らだった。
彼らは俺に声をかけてくれた。


「スピアーでも勝てるようになる方法を教えてやろうか?」


こうしてふたたびポケモンと巡り合い、そしていわゆるポケモン廃人としての歩みが始まってしまった。



スピアーを厳選(当時まだかわらずの石すら無効だったのでなんとか攻撃上昇の性格をゲット)し、努力値を一生懸命振り、レベルを100にした。
なるたけの個体を用意しようと、2匹3匹とスピアーがボックスに増えていったが、「こいつらでパーティを組もう」とは思わなかった。
まあそんなルールで遊んでなかっただけだが。

やがて高校を卒業、グループも徐々に疎遠になる中、新たな娯楽と出会う。

ニコニコ動画に投稿されていた、バトレボ実況という世界である。
ドハマりしてしまった。

そこで衝撃的な動画を見つけてしまった。

伝説のツボツボ6匹チームに蹂躙される某実況者さん。

神回であった。
ツボツボを急いで育てるくらいには感動した。
(勝手に動画を貼るのは失礼かと思ったので、ご興味のある方は「あいのちから?もう、知らんわぁ・・・」で検索してください)

しかしそれでも、自分が同じポケモン6匹で組むという発想には至れなかった。

さらに時代が流れブラックホワイトになると同じポケモンをチームに入れる事すらできなくなってしまい、そんなチームに出会うこともなくなっていった。

ちなみにブラックホワイト発売後、
デジカメ用意して対戦実況を始めたが、
あまりに伸びず心を折ったため1か月で行方をくらます。

その後オメガルビーを買うまでポケモン対戦からは離れる事に…(B2とXは入手したがクリアすらしてない)





で、

そっからさらに10年くらい流れて。



剣盾発売しまして。




交流のあったモヴ氏のツイキャスに遊びに行ったときに、
名前だけは知っていた「#リピートボール級」という界隈に触れることに。






で、


放送中の氏をスナイプしたら面白そうだなと思い立ってしまったので、急遽ボックスの中にいたドラパルトとドラメシヤドロンチをかきあつめ薬と飴食わせてドラパルトを6匹揃えて種族統一チームらしきものをその場で作り、勢いに任せて某氏に挑みかかるという狂ったような行動力を発揮し、それが僕のリピートボール級デビューとなりました。


・・・今考えるとすごい異常なことしてませんかね?







元々凝り性。
そもそもポケモン廃人。
だいたいおもしろそうなことならがんばれるほう。



結果。



沼に沈み始めたら結構早いのです。


続いて作り出されたのが、コオリッポ統一


なんでコオリッポ?と問われるとすごい謎である。
単純にカタログスペックで「お、こいつ面白そう!」ってなって決めたようなもんだった。
(それこそモヴ氏がてっぺきとかど忘れとか覚えるポケモンは種族統一で強いですねみたいなことを言ってたのでそれで選んだまである)



しかしこのコオリッポ統一、思っていた以上に強いのであった。

まず強烈な選出縛りが利く。
コオリッポの特性アイスフェイスは物理攻撃を無効にしたうえでフォルムチェンジを行いスピードアップする。
雑な表現をすればばけのかわ+くだけるよろいに近い性能である。
このため物理でわざわざ殴ろうとする人はほとんどいない。
よってかなりの選出を特殊に偏らせることができる。

そして攻撃範囲はそれなりにある。
使い勝手はともかくだがこおりとノーマル以外にみず、エスパー、いわ、はがね、かくとうあたりを使えるので、弱点範囲等倍範囲はまずまずある。
単タイプではあるが、攻撃タイプが偏りがちな氷タイプのポケモンとしては芸達者であった。
特殊のサブウェポンは水くらいしかないしとくこうも低いが一致でフリーズドライが使えるのは地味な強みである。
欠点としては攻撃アップの手段がベースが起死回生で使いづらいダイナックルとコオリッポを見たら第一に警戒される腹太鼓しかないことか。

補助関係はあられ+オーロラベールが事前準備必要とはいえ強力、あとはリフレクターやど忘れが使えるので耐久積みは出来る。

アイスフェイス腹太鼓の一発芸が有名になりすぎてほかの使い方を知らなかったが、
統一を組むために調べてみたらコオリッポというポケモンはけっこう芸達者で面白いことが分かった。



そう、ここは重要である

調べてみると色々なことがわかる。
覚えられる技は代表的なもの以外にももちろんある。
育てるうえで調べるとステータスの細かい部分にも目がいく。
実戦で使ってみてわかることも多いが机上論でも知らないことが多かった。

コオリッポの事は知っていた。
でもここまで詳しい事は知らなかった。

種族統一という枠組みでコオリッポを見て、
初めてストーリーやランクバトルだけでは知りえなかった
このポケモンの新たな魅力を発見し知る事が出来たのだ!!





先述のドラパルトもそうだった。
実はあの時点で3匹ほどランクバトル用にドラパルトは育成済みであった。
両刀、特殊型、状態異常撒き、と確か当時はこの3匹をランクで使っていた。
そしてちょっと興味があって龍舞バトン型を育てはじめようとしていたところであった。
3匹いればリピボに行ける事は知っていたが、できれば6匹揃えたい。
壁貼り型くらいは思いついたが、モヴ氏の話を聞いて、ドラパルトも耐久型とか作れるのでは?とふと考えた。
そう思って情報サイトに飛び、色々調べたら拘束技や遅延技もいろいろと取得するようだった。
呪いをおぼえるのは知っていたが、ダイビングやかなしばりを覚えるのはこの時初めて知った気がする。
結局はそこまで手の込んだ型は自分が使いこなせなさそうだと諦めて、まとわりつくとワイドブレイカーを持たせた無難な型に落ち着いたが、たまたま捕まえていたのろわれボディ個体はこの作戦に向いていそうだったので、個性が活かせるとちょっと喜んだ。

そう、ランクバトルしているだけの目線ではここまで辿り着けなかった。
ドラパルト一種類で6通りの戦い方を、と考えた時に初めてこの型に至った。
それまで他二つが強すぎて要らないと思っていた隠れ特性もじっくり戦うこの型でなら活かせる気がした。
全く見えていなかった世界が見えてくる、この感覚はすばらしいもので、種族統一のおかげで得られたものである。





わりと片手間気味ながらリピートボール級は楽しんでいたが、DLCが来たことで新たな統一を組むことになった。

というかコオリッポを組んだ理由のひとつに、過去作から引っ張って来なくてもよいというのがあったのだが、
せっかくなので過去作でやたらといっぱい捕まえて持て余していたポケモンを、この機に連れてきて統一を作ろうと思った。

そう、ハピナス統一である。

前作でラッキー道場と言われる野生のラッキーをひたすら倒し続けるレベル上げを行っていたのだが、これは連鎖すればするほどに高個体値や色違いが出やすくなる、というものだったので、散々利用した結果色違いのラッキーが何度も出現したので、こっそりと何匹か捕まえていた結果3,4匹がウルトラムーンのボックスに眠っていたのだ。

リピートボール級に参加する種族統一勢はやはりポケモンだいすきな人たちが多いため、色違いの使用者も多い。
ちょっとうらやましさもあったので、色違いが入った統一チームを組んでみたかったというのもあった。

色違いの見栄えなら緑色なラッキーのままのほうが良かったが、仮にも勝負の場、攻撃性能が高いハピナスにして戦うことにした。

過去作から呼び寄せるにあたり、過去作限定と言われるわざも取得させることにした。
色違い達にタマゴ技は無理だが、教え技を。
それ以外にも過去作でしか遺伝できない技を覚えさえた個体を用意してHOMEに送った。

ラッキー/ハピナスは親友の嫁ポケともあって無駄に研究していたのがここにきて役に立ったのも結構うれしかったポイント。
あとちゃっかり10年以上前ながらその親友が使ってた型を応用した個体が紛れ込んでいます。

まあ、
結果から言えば、
僕はハピナス統一を使いこなせませんでした

コオリッポ以上に弱点が明白であるにもかかわらず、それを補う戦略を組めなかった。
やりたいこと・おもしろそうなことばかりに気を取られて、実戦での動きが中途半端になってしまった型などもいて、申し訳ない事をしてしまった。
ひとえに未熟であった。

しかし、過去作で覚えられる技を組み込んだ統一、というのは剣盾だけでやれることよりプラスにもなり、気持ちの上でも楽しかった。






そして、なんとなくいろんな統一を作りたいと言いながらも全然達成できていなかったくらいの身だったが、とうとう……


リピートボール級のアイドル的存在と勝手に思っている、
フワライド統一を組むことになった。




正直不可侵域的なイメージはあったがなんかやらないと逆にまずそうな空気だったし

上の動画の対戦日の前日に、フワフワ団のボスさんから恐ろしいお言葉をいただいてたんですが、本当にその通りの動画になってしまってて怖かったです><


フワライドはシンオウの教え技を入れることでものすごいバリエーションの型を作れるとても面白いポケモン。


・・・ただこうなると、
基本的に天邪鬼な自分なので、
敢えて今作だけで作れるフワフワ軍団を・・・!!
みたいなくだらないことを考える人でした。


ただ、実のところ三世代でPARを使ってた友達からけっこうポケモン分けてもらってたのと、
四世代のころまでは増殖バグやコピーバグを利用して道具を増やしたりしていた身なので、
それ以前の世代からのポケモンの供給をすることを自分自身で封印しているというのもありまして……
(五世代までは送っていたが、六世代復帰以来はそれ以前のROMから送らないようにしてた)
手元にプラチナやハートゴールドはあるけれど、改造浸食度(というのがあると昔聞いた)を考えるとちょっと抵抗がね……


結局のところヤモライダーの型が決まらず、というかほかのフワライドの方も思いつかず、という有様なので、
フワライダーデビューなんて言ったはいいものの、実はこれ以降一度もフワライド統一を使ってないんですよね……

というのも・・・



みんながやってる統一ゆえに型が豊富すぎるフワライドで何をやるかとか考えるのが楽しいけど難しいのだ・・・

過去作技を含めなくても非常にやることがいっぱいあるのがフワライド。
タマゴ技も多様だし、使い道が分からないような技もけっこうあったりする。
シングルだけでなくダブルでもコンボがあり、フワライダーが集うふわふわマルチという狂気のイベントもある。
まーじでこのポケモンを極めるのは困難であり、だれもやってないことをやるなんて無茶も良いところである。
しかし逆に言えばフワライドを育てている同志もなんだかいっぱいいることがわかっているので、心強くもある。
フワライダーの道、フワライ道はとても奥深い。
人の縁もまた、リピボ級そして種族統一の魅力であると再認識したのもこの統一をしたときであった。

      動画でFFですらないと言っていたあの方とはツイッターフォローしあいました





動画にしていない統一がもうひとつありまして、それが・・・

雪原来る前にはやるとか言っていたものの気づいたら1か月近く放置することになってしまったっていう・・・

ガブリアス統一でした。。。


実のところ僕はガブリアスが大好きで、
モチーフのシュモクザメも好きだし、
腕の刃、ぶっとい尻尾、セクシーな鎖骨と、とても魅力的なデザインをしてらっしゃる素敵ポケモンである。
性能も異常なまでの高水準バランス型で、攻撃タイプも補完が完璧、ただ殴るだけでなくサポートに回らせても強いと、非の打ち所がない。
変なポケモン好きそうな僕にしては珍しいくらい、ポケモン対戦の歴史の主人公とまで言われたこのポケモンが好きである。
たぶん歴代で10匹くらいは育成してるかもしれない。(対戦用だけでなく捕獲担当等も含めばだが)


特にこの統一で採用しているうちの2匹は6世代から連れてきた組で、
片方に至ってはHSガブリアス最強説とかいうアホな自論で育てた個体。
ガブリアスに一撃の破壊力が無いと言われるようになった時代にて、
「一発で飛ばせないっていうなら攻撃に振らず体力振って一発耐えて上から二回殴って勝つ」
というハチャメチャなことを真剣に考えて育成したガブリアスであった。
6世代でもちょこっと活躍していたがリピボという変な環境において日の目を見る事となった。


まあ正直一番出オチ感漂う砂地獄ガブが一番輝いてたりするのはご愛嬌である。










で、最後に語る事になるのが、
僕が剣盾でだいたいいちばんネタとしてひっぱってくる好きなポケモン代表でもある、
ウオノラゴン統一





まずウオノラゴンというポケモンが好きなんだな。
なんかよくわからんが、あまりに奇怪で歪な構造した身体っていうのが魅力的でもある。
ぼんやりした表情をしながら、最強の古代魚をモチーフにした発達した顎で全てを破壊する超火力。
極彩色のボディはなんか意外と月明りに照らされた夜の森には溶け込んでいて生命の神秘を感じた。
色違いはすっと色が抜けてしまったようなモノクロで原色との差が大きく不思議な魅力を持つ。


そして、ウオノラゴン“統一”となっても、僕にとってはすこし特別な存在である。


というのも、
ドラパルト統一で殴りこんだ時に相手してもらったのがウオノラゴン統一だったのだ。

つまり、最初に戦った相手と同じ統一となる。

自分なりのウオノラゴンチーム、というものの表現ともいえる。


こうしてできたのが、


全員フルアタのウオノラゴン軍団



・・・どうしてこうなった・・・




この前に構築したタイプ統一パであるドラゴン統一チームもオールフルアタになったのだが、もうなんかそういうものなのか……
7世代後期に役割論理を本格的にやり始めた身ではあるが、それにしてもフルアタ好きすぎである。

結局のところこれが強いのかと言われると、正直もっとちゃんと考えろアホ、というのが自分での感想だった。


・・・まあウオノラゴン統一自体が強い構築なので刺さればどうにかなるのだが、逆に苦手な統一相手だとボッコボコにされる。


補助技というか絡め手やメタ要素が多い戦い方ができないと、相性をひっくり返すようなプレイができないというのは、ハピナス統一の時に学んだはずなのに、まったく活かせていなかった。さらにコオリッポ統一の時に何度かやらかした中途半端な技タイプのばらけさせによって、弱点をうまく突けずに等倍や半減で戦うのを余儀なくされて結局じり貧という部分もまた繰り返してしまった。
はっきり言ってこういうところがトレーナーとしてのダメさなのである。
実力とは知識量なので、情報を眺めたり知識を増やしたりするのが好きと言いながらこの体たらく、恥を知れというところだ。


せっかく満を持して、という感じで組んだウオノラゴン統一だったが、未熟さゆえに非常に半端なものとなってしまったのが残念だった。











・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・



しかし、見方をかえればというのも言い訳っぽいが、
別にこれでリピボ引退するという話でもないのである。
次がある、次が。

そう、まだまだ俺のちゃんとした種族統一勢としての歩みは実質1年にも満たないのだ。



次の機会に、
ウオノラゴン統一を改良するでもいい。
コオリッポやハピナスたちもいる。
またあたらしい統一を作ってもいい。

たくさんポケモンを捕まえて、自由に遊べばいい。

ルールはひとつ、同じポケモンをそろえるだけ。


何度だって組みなおして、考え直して、自分の好きのために、好きな事をすればよいのだった。



同じ趣味を持った紳士淑女と自慢のポケモンをぶつけあう社交場。
それがリピートボール級なのだ。





ハピナス統一やウオノラゴン統一が思ったように戦えずに惨敗を繰り返した時は本当に壊れそうなくらい悔しく悲しかったけど……
動画を見返すと、リピボに挑むときの俺の声は案外楽しそうで。
やっぱり楽しむことが一番だよね、というのを、この記事を書きながらまた思い出していました。


すでに種族統一の沼に沈んでいる人たちも、
ちょっと興味があるけど手が出せない人たちも、
一緒に統一戦しませんか?



ご興味のある方は、ぜひ一緒に、レッツリピートボールタイムとしゃれこみましょう♪

私は、まあ、たまにしかいませんけども……









というわけで、おじさんのなが~い昔話と自分語りにお付き合いいただきありがとうございました!



種族統一アドベントカレンダー2020はまだまだたくさんの魅力的な記事が予定されています。
ここまで全部読んでくださった方も、ぶっちゃけ読み飛ばして最後に来た方も、ぜひぜひ他の方々の記事も読んでみてくださいませ。



2020-12-04.png

12月4日担当、灰屑輝がお送りしました。


                              ‥‥‥‥0時投稿できませんでしたごめんなさい…………
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2020/12/04(金) 00:23:13|
  2. ポケモン(ゲーム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ひっそりと物語は進む | ホーム | ちょっと冷静になると>>

コメント

投稿お疲れ様でした!
期日に投稿しなくっちゃいけないプレッシャーもあったことでしょう。

ポケモン対戦を初代から長くやってるほど
思いが深いですよね。
初代はほんとエスパータイプが………

リピートボールはズルズキン統一で潜った程度ですが、フェアリータイプ統一
とくにミミッキュ統一にあった場合
敗北はほぼ確実でしょうけど
1体は倒したいとおもい考え付いたのが

おうじゃのしるしを持ったふくろだたき
通称? おうじゃのふくろだたき

一発りゅうまいを舞ってSで上をとり
ひるみを連続で狙う戦法でした。
そして後続はスカーフ アイアンヘッド
実際ブリムオンに何もできませんでしたがね…

そのうちミルタンク統一で潜ってみたいところです
あの牛乳さん…やれることが多いので
いろんな型が試せて楽しそうです。

また今回の企画以外でも動画や雑談楽しみにしてますよ
  1. 2020/12/07(月) 07:48:28 |
  2. URL |
  3. ぴの #-
  4. [ 編集]

0時投稿はノルマじゃないと主催に注意を受けました……

この手の「苦手を壊すためのメタ」っていうのも種族統一のだいご味。
対ミミッキュは特性がバカつよいのであれこれ対策練るのが逆にこういう場では面白いですよね。まあ多すぎる分母のせいでミミッキュ統一自体が出てこないんですけど。

ポケモンはまだまだ付き合い長くなると思われるのであれこれやっていきたいとおもいます!
  1. 2020/12/09(水) 21:02:42 |
  2. URL |
  3. 灰屑輝 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oors.blog115.fc2.com/tb.php/2677-879b7e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

灰屑輝

Author:灰屑輝
「集いし妄言が、新たな黒歴史を呼び起こす!光の当たらないブログへ!」
将来とかまともなことを考えようとすると逃げたくなる。
こんなんで日々ぐだぐだ生きてるダメ男の雑記。
 
近況:提督業に精を出しつつポケモンを育てる日々。現実?いいえ、知らない子ですね

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

貧乏人に愛の手を

アフィリエイト・SEO対策 無料blog カウンター 無料・レンタル・掲示板 サーバー・レンタルサーバー